MENU

2022年度行政書士試験の解答速報と難易度、受講生の感想まで

2022年度(令和4年度)11月13日(日)に実施されました。この記事では、各予備校が出してる解答速報と難易度をまとめています。また、実際の受講生の感想もまとめています。2022年度行政書士試験を受験された方はぜひご覧になってください。

合格発表日は2023年1月25日(水)です。

目次

各予備校の2022年度行政書士試験の解答速報と難易度のまとめ

解答速報公表して間もない時は各予備校の解答が異なる場合があります。ですので、複数予備校の解答速報をご覧ください。

➡アガルートの解答速報はこちら 最速

➡フォーサイトの解答速報はこちら

➡LECの解答速報はこちら

➡ユーキャンの解答速報はこちら

➡TACの解答速報はこちら

➡資格の大原の解答速報はこちら

2022年度行政書士試験の受講生の感想、リアルな難易度調査

行政書士試験に合格した人の今後の方針

行政書士試験に合格した人はダブルライセンスを目指しましょう。行政書士試験に合格すれば、社労士試験の受験資格が得られます。また、土地家屋調査士も行政書士試験と親和性が高いです。土地家屋調査士の試験科目には民法が含まれています。土地家屋調査士とのダブルライセンスになれば、不動産への仕事の幅が広がるかもしれません。

行政書士試験に落ちた人の今後の方針

2022年の行政書士試験に残念ながら不合格だった方は、2023年の試験を目指しましょう。しかし、今年の試験で行政書士試験の過去問をやり尽くした方もいらっしゃるでしょう。そういう方はアガルートの中上級総合カリキュラムをおすすめします。

アガルートの中上級総合カリキュラムは司法試験や国家公務員などの他資格の過去問を使用して講義をします。合格+αを目指せる講座です。アガルートの行政書士講座は非常に口コミがよく、合格率も全国平均の3倍以上です。特に講義の分かりやすさと充実度で言えば一番の通信講座でしょう。

気になる方は、まずは資料請求してみてはいかがでしょうか?

➡アガルート公式ページはこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

現在フォーサイトで2023年行政書士試験合格を目指して勉強中です。ほかのブログでは実際の受講生ではない人が書いてる場合があります。私はしっかり、自分の体験談を書き、信憑性にこだわったコンテンツを作成します。

目次
閉じる