MENU

スタディング行政書士講座の悪い評判、口コミを暴露

スタディング行政書士講座の評判

スタディングの行政書士講座の評判、口コミを記事にしました。

特に悪いところやデメリットをしっかり記載しています。

残念ながらスタディングは画像を引用することを禁止されてます。

そのため、文字だけでは伝わらないかもしれないので、この記事をご覧になったら公式ページで体験されることをおすすめします。

目次

スタディング行政書士講座の悪い評判、口コミ、デメリット

  • 質問ができない
  • 教育訓練給付金対象外
  • 冊子版のテキストは有料オプション
  • 他社と比較すると講義時間が短いのは人によってはデメリット
  • 合格実績、合格率を公表してない
  • 記述式対策はたまには紙に書いた方がいい

質問ができない

スタディングの行政書士講座は質問ができません。

➡講座内容について質問はできますか?(公式ページ)

簿記1級や中小企業診断士は質問ができますが、行政書士は質問できません。

できれば、行政書士講座も1回500円などでオプションとして欲しいですね。

教育訓練給付金対象外

スタディング行政書士講座は教育訓練給付金対象外です。

これも中小企業診断士は条件付きで対象です。

➡教育訓練給付制度に対応していますか?(公式ページ)

冊子版のテキストは有料オプション

スタディングの紙テキストは有料オプションです。

➡紙テキストのオプションについて

そもそも、紙テキスト中心で勉強したい人にはスタディングは不向きでしょう。

スタディングはスマホでの学習をコンセプトにしてます。

eラーニングを最大限活用した人には最適な講座です。

他社と比較すると講義時間が短いのは人によってはデメリット

スタディングフォーサイトアガルートクレアールTAC
84時間71時間354時間265時間200時間

※コースによって講義時間は異なります。

スタディング行政書士講座は講義時間が短いです。

大手のおよそ半分の講義時間になってます。

効率よく合格するをコンセプトになってますので、講義時間は短いです。

もし、網羅的にしっかり学習したいなら大手の予備校をおすすめします。

合格実績、合格率を公表してない

スタディングの行政書士講座は合格率など合格実績を公表してません。

毎年合格者の一部の方からは合格の報告をいただいておりますが、スタディングはオンライン講座という性質上、全ての合格者の方から報告いただけておりません。
そのため、合格者数や合格率については、公表を控えさせていただいております。合格者の方からの合格体験談を公開していますので、ぜひご覧ください。
➡スタディングの合格実績を教えてください(引用)

しかし、フォーサイトといったほかの通信講座はしっかり合格実績を公表してます。
通信講座だから合格実績を公表しないのは言い訳に聞こえます。
もし、受講生が少ないなら合格率を公表すればいいと思います。

合格実績を公表してないと心配というかたはフォーサイトやアガルートなどを利用しましょう。

記述式対策はたまには紙に書いた方がいい

スタディングは基本的にスマホで学習しますが、記述式に関してはたまには紙に書いた方がいいでしょう。

スマホで文字を打つのと、手で文字を書くのは少し違うはずです。

例えば、思わぬ漢字が書けないこともありますよね。

ですので、記述式の対策には、たまには紙に書いた方がいいです。

スタディング行政書士講座のいい評判、口コミ、メリット

  • 緻密なカリキュラムで螺旋階段を登るように実力がつく
  • アウトプット中心のカリキュラムで勉強が楽しくなる
  • 再受講割引で安価に勉強を続けられる
  • 好きな時間、好きな場所にスマホでスキマ時間に
  • 効率よく、楽に合格できる
  • アニメーションや図解を用いた視覚的に理解できる講義

緻密なカリキュラムで螺旋階段を登るように実力がつく

スタディングのカリキュラムは緻密に作り込まれてます。

基本講義(インプット)→スマート問題集(アウトプット)→過去問解法講座(インプット)→セレクト過去問(アウトプット)→次の単元の基本講義
っと決められた順番で勉強するだけで螺旋階段を登るように合格に必要な実力がつけられます。

➡スタディングの教材・カリキュラムについて

詳しく解説します。

  1. 基本講義でインプットしたらすぐにスマート問題集でアウトプットします。
  2. スマート問題集でアウトプットしたら、過去問解法講座でインプットします。
  3. 過去問解法講座でインプットしたらセレクト過去問でアウトプットします。
  4. セレクト過去問まで終えたら、次の単元の基本講義に移ります。

この順番で勉強することになります。

そして、一通りインプットを終了したら記述式対策になります。

このように段階的にインプットとアウトプットを繰り返すことで、無理なく過去問レベルまで実力を引き延ばすことができます。

このカリキュラムのよさは体験してみないと分かりません。

ぜひ体験してみてください。

アウトプット中心のカリキュラムで勉強が楽しくなる

スタディング、講義聞きながらトレーニングやるようにしたら、ぐいぐい進むし、インプットとアウトプット同時に出来てなんかいい感じな気がしてる🥰

— はな (@hosaki_y) September 19, 2021

スタディングは緻密にカリキュラムが組まれてるため、楽しく勉強できます。

他社の場合は講義を受けてもすぐにアウトプットができません。
講義を受けても本当に実力がついてるのかな?っと不安になります。

しかし、スタディングの場合は講義でインプットしたら即座に該当の範囲をアウトプットすることができます。
まずは簡単な問題から始めるため、解く楽しさを実感することができます。
着実に過去問レベルまでアウトプットすることができるため、実力が付いてることを実感できます。

このようにアウトプット中心に学習することで楽しく勉強できます。

再受講割引で安価に勉強を続けられる

スタディングの行政書士講座は通常価格より半額相当で再受講できます。

他社は10%割引だけのことも多く、再受講割引はお得です。

これにより合格するまでスタディングで安価に受講できます。

➡更新割引について詳しくはこちら

➡スタディングの割引情報について詳しくはこちら

好きな時間、好きな場所にスマホでスキマ時間に

6月末までクレアールで行政書士試験勉強頑張ってたんですけどなかなか仕事やライフスタイルの関係上机に向かってしっかり勉強することが難しくなってきて、司法書士試験勉強に使っていたスタディングを7月から利用しています。
全部スマホで完結するので助かります

— yukisuzu (@pip6689) September 2, 2021

今日の行政書士の勉強
憲法 2H
フォーサイト専門で勉強していましたが、スマホで勉強できて贔屓にしているスタディングの方が性に合ってるかもと、スタディングで学習を開始しました。
テキスト持たなくていいし、スマホ一つで勉強できるしでワシにはこれが合ってますな#行政書士 #スタディング

— ただのドラクエ好きおじさん@星ドラ、11s (@dqhoshidora781) December 7, 2020

スタディングはスキマ時間にスマホで学習して合格するをコンセプトにしてます。

例えば朝の通勤時間に30分、お昼休憩に30分、帰りの電車の中で30分、寝る前にベッドの中で30分勉強すれば1日2時間勉強したことになります。

スマホでの学習ですので、電車やバスの中でも学習しやすいです。

休日などの少しお疲れ気味の日でも、ベッドやソファーで寝転びながらスマホで学習できます。

スマホで学習したい人はスタディング一択でしょう。

効率よく、楽に合格できる

スタディングの行政書士講座は時間がないかたに向けてメリハリをつけた学習を提案しています。

よく出る範囲の行政法と民放を重点的に学び、ほかの科目はあまり最低限にしています。

そのため、効率よく合格に必要な部分を勉強できます。

他社の専門学校の場合は講義時間もスタディングの倍近くあり、テキストも分厚いです。

そのため、最初はやる気になっていても、途中で挫折する可能性が高いです。

スタディングならコンパクトな講義とテキストに合格に必要な範囲を盛り込んでるので、効率よく楽に合格できます。

アニメーションや図解を用いた視覚的に理解できる講義

スタディングの通信講座はテキストも問題集もWebなので少し不安でしたが、講座も分かりやすいし、テキストも思ってたより読みやすい。
今年こそ合格する!!#行政書士#資格取得

— がむしゃら不動産経営@2021行政書士受験生 (@Azerbaidzhan2) December 19, 2020

大手は桁違いに高いので迷いますよね💧
私は行政書士、司法書士とスタディングを使いましたが、講義が分かりやすいし、スライド形式で見てわかる感じ、eラーニングも自分の勉強スタイルに合っていました☺️
スキマ時間の活用が必須ならありだと思いますよ。

— えま (@comoli_ve) September 10, 2020

スタディングはアニメーションや図解を多用した講義がウリです。

価格は安いですが、講義にはお金をかけてます。

大手予備校の場合は先生が黒板に板書をするという昔ながらの授業なことが多いです。

しかし、スタディングは講師の背景に図解を映すことで板書に時間を取られません。

また、板書ノートも事前にダウンロードできるためノートを取る必要もありません。

行政書士通信講座のスタディングと他通信講座を比較

 スタディングフォーサイト
価格49,500円
64,900円
54,800円~94,800円(バリューセット)
メリットスマホ学習がしやすい
価格が安い
質問対応が丁寧
合格実績を公表してる
テキストが好評
デメリット質問サポートがない質問回数に制限がある
スマホ学習が多少しにくい

詳しく解説します。

合格実績はスタディングは明らかにしていない

行政書士試験の合格実績はフォーサイトが軍配が上がるでしょう。
フォーサイト行政書士通信講座の合格実績は全国平均の3.4倍で、合格者数が200名です。

一方、スタディングの行政書士通信講座は残念ながら合格実績を公開していません。
それは、通信講座だから合格者数を把握できないというものです。

しかし、前述のとおりフォーサイトは行政書士試験の合格実績と合格率を公表しています。
この合格実績はアンケートに基づくものです。

本試験・合格発表後に実施している「受講生アンケート」を集計したデータを公開します。合否や満足度の高低を問わずAmazonギフトコードを差し上げていますので、公平な集計結果となっています。


➡フォーサイト公式ページから引用

スタディング通信講座は合格実績を公表しないということは、あまり合格者数はいないのかもしれません。
一応スタディング公式ページに合格体験記はいくつか掲載されてますが、合格実績で選ぶならフォーサイトでしょう。

➡スタディングの合格体験記はこちら

➡フォーサイト公式ページへ

ちなみに、アガルートというベンチャー行政書士通信講座があります。
アガルートの合格実績は初受験が全国平均の3.39倍、経験者が4.13倍です。
フォーサイトより高い合格率ですね。

➡アガルート行政書士通信講座の詳細はこちら

スマホ学習はスタディングが使いやすい

合格実績に関してスタディングを悪く言いましたが、スマホ学習のしやすさはスタディング行政書士通信講座でしょう。

フォーサイトはマナブンというアプリで勉強するのですが、このアプリの評価がよろしくありません。
一応フォーサイト通信講座でもスマホで問題演習ができるのですが、バリューセット1と2には間違った問題のみを解く機能がありません。
バリューセット3の過去問 一問一答には間違った問題を中心に解く機能はありますが、その分スタディングと比較して価格が高いです。

➡フォーサイトのeラーニングについて詳しくはこちら

スタディングはさすがスマホ学習をセールスポイントにしてるだけあり、使いやすいです。
間違った問題を科目を横断して解く機能はもちろん、インプットからアウトプットの流れがスムーズです。
また、デジタルテキストに赤マーカーを付けれるので、テキストが問題集になります。

しかし、個人的には行政書士試験の記述式はたまには書いて解いたほうがいいでしょう。
スマホで文字を打つのと、ペンで書くのでは少し感覚が違うからです。

➡スタディングのカリキュラムの詳細はこちら

テキストはどの通信講座が評判がいい?

テキストはフォーサイト通信講座が好評です。

フォーサイト行政書士講座のサンプルテキスト

フォーサイト行政書士講座はデジタルテキストに冊子のテキストも付きます。
スタディングは紙のテキストはオプションです。

フォーサイト通信講座はテキストをセールスポイントにしています。
余白と図解が多く、フルカラーテキストです。
さらに、重要度も明示されています。
直前期に重要な論点だけを見返すといった使い方もできるでしょう。

➡フォーサイトのテキストの詳細はこちら

フォーサイト行政書士通信講座のサンプルテキストは資料請求しなければ手に入りません。
営業の電話は一切来ません。
そもそも、電話番号の登録なしで資料請求できます。
資料請求すると割引もあるので、悩んでるなら申し込みましょう。

➡フォーサイトの資料請求はこちら

スタディングの講義は短め

講義時間の比較

スタディング フォーサイト アガルート
84時間 71時間 354時間(コースによる)

行政書士通信講座の中でフォーサイトとスタディングは講義時間が短いです。
効率よくインプットして、その分アウトプットを重視するカリキュラムになります。

講義時間が短いと素早くインプットができる反面、テキスト以上の内容は講義で説明されません。
講義時間の長さは好みですが、私はインプットよりアウトプットをしたいためフォーサイトとスタディングは好きですよ。

➡スタディング公式ページへ

➡フォーサイト公式ページへ

もし、長い講義を受けたければアガルートをおすすめします。
ですが、アガルートはスマホ学習がありません。

➡アガルート行政書士通信講座の詳細はこちら

質問体制がいい通信講座は?

質問体制は圧倒的にフォーサイトでしょう。

そもそも、スタディングは質問サポートはありません。
スタディングは質問サポートがある講座もあるのですが、行政書士講座は残念ながらありませんね。

しかし、フォーサイトも質問回数に制限があります。
バリューセット1が10回、バリューセット2が15回、バリューセット3が25回です。
超過分は1回500円で質問できます。

質問回数に制限がある分、丁寧で迅速なサポートが得られます。
フォーサイト行政書士通信講座の質問体制の評価は高いです。

➡フォーサイト公式ページへ

スタディングで本当に行政書士に合格できるのか?

行政書士試験はスタディングを利用して、問題なく短期間合格したから、中小企業診断士もスタディングにした。あと、社会保険労務士も2022年度とのセット販売だから申し込んだ。重要な試験が1年に1回しかないとか少ないし、難関資格を1年で2つ受けて、2度合否ドキドキできるように猛勉強して愉しむ。

— イコムミ@休眠中 (@QAqlJhuFokQXFPr) February 13, 2021

「行政書士試験に予備校は必要か?」
人によります。独学で合格する人もいれば、予備校使って不合格の人もいる。予備校は合格のためのツールなので、相性とか使い方次第。

ちなみに私はスタディングで合格。「スタディングじゃ無理」って言う人もいましたが、働きながらの勉強にはピッタリでした。

— えま (@comoli_ve) January 27, 2021

スタディングで行政書士に合格は可能です。

SNSでもスタディングで合格したという声を多く耳にします。

極端なことを言えば、どの通信講座でも合格することができます。

本人の努力次第なところはあるでしょう。

スタディング行政書士講座と独学の比較

45000円のスタディング行政書士講座、他と比べたことないのでわからないけど、独学で勉強するよりは遥かに効率が良いと感じる。誰かに教えてもらうという行為は人生が有限であることを考えると、とってもコスパが良い。このことから子供の教育費というのはケチってはいけないなと思いました。

— ダイカル@2022社労士・行政書士W受験予定(2021年行政書士も記念受験) (@hJOyERVnJryIfRO) September 7, 2021

スタディングと独学で悩んでる方はおそらく価格のことで悩まれてると思います。

例えば独学の場合に実績のある合格革命シリーズで揃えると費用は18000円程度です。

合格革命 行政書士 スタートダッシュ 1760円
合格革命 行政書士 基本テキスト 3300円
合格革命 行政書士 基本問題集 2860円
合格革命 行政書士 肢別過去問集 4180円
合格革命 行政書士 40字記述式・多肢選択式問題集 1650円
合格革命 行政書士 法改正と直前予想模試 2430円
合格革命 行政書士 一問一答式出るとこ千問ノック 1980円

スタディングの場合は64900円です。
これに合格お祝い金で10000円貰えます。

つまり35000円ほどの差があります。

この35000円は人によってはデメリットになるかもしれません。

しかし、価格以外はスタディングのほうがメリットがあります。

スタディングは視覚的に理解できる分かりやすい講義があります。

さらに、eラーニングにより効率よくアウトプットすることができます。

紙のテキストですと、ベッドの中や通勤時間、家事のちょっとした合間などに勉強するには不向きでしょう。

もし、楽に合格を目指したい、スキマ時間を活用したいなら独学よりスタディングを選びましょう。

スタディングの行政書士講座のおすすめコースはこれだ!!

スタディングのおすすめコースは総合コースです。

前述のとおりスタディングは演習量が少ないです。

そのため、追加で演習ができる総合コースをおすすめします。

スタディング行政書士講座のまとめ

スタディングは緻密なカリキュラムでアウトプット中心の学習ができます。
そのため、まるで螺旋階段みたいに段階的に実力が身に付きます。

アウトプット中心の学習で実力がついていくことを実感でき楽しく勉強できます。

独学と比較すると価格が35000円ほど差があるが、価格以外はスタディングにメリットがある。

おすすめのコースは総合コース

最後にスタディングは無料体験をしよう

スタディングはスマホで勉強するという現代的な通信講座です。
紙テキストベースで勉強しないため、合う合わないがあるでしょう。

そのため、まずは無料体験することをおすすめします。
スタディングの無料体験はメールアドレスの登録のみで、電話による勧誘はありません。
自動課金されることもありません。もちろん何回も体験できます。
そのため、悩んでるなら無料体験をされたほうがいいと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

現在フォーサイトで2023年行政書士試験合格を目指して勉強中です。ほかのブログでは実際の受講生ではない人が書いてる場合があります。私はしっかり、自分の体験談を書き、信憑性にこだわったコンテンツを作成します。

目次
閉じる